HADO ASTREA MMXI」では、その人の奥深い潜在意識まで入り込み、様々な情報を拾い出してきますので、自分でも気がつかないうちに被ってしまっている邪気や憑依という現象を突き止める場合があります。 

「え? 私はそんなものの影響を受けるはずがない」と思われる方もたくさんいらっしゃるでしょうが、私たちが生きている世界にはありとあらゆるところに邪気(ネガティブエネルギー)があり、いつ誰がそのエネルギーの影響を受けてしまうかわかりません。実は誰にでも起こりうることなのです。

 もちろん、邪気もエネルギーですので「MMXI」で測定し、KAIZENするための方法があります。画面上の操作によってKAIZENし、まだネガティブエネルギーが残っている場合は数回に分けてエネルギーKAIZENを行います。さらに「数霊システム」を使って波動水を作成し、毎日飲んでいただきます。これにより、かなりのネガティブエネルギーは解消されていくはずです。

 しかし、毎回お伝えしていることですが、波動水だけに頼っていても根本的な解決にはならず、最後はあくまでもご本人の気づきがカギとなります。邪気などのネガティブエネルギーがその方についてしまい、何らかの影響を与えてしまうとしたら、その方の潜在意識や内面の奥深くにそれらと共鳴してしまうようなネガティブな思いや考え方がある、ということなのです。

 もちろん、人間は誰しも自分の心に大なり小なり「恨み」「怒り」「悲しみ」「心配不安」などの感情を抱えています。しかし、その感情があまりにも深かったり、大きいものであれば、この世のネガティブエネルギーと共鳴してしまい、不定愁訴(病気ではないが、毎日どうにも心が晴れず体調が悪い。身体が重く、やる気が起きないなど)が続いたり、原因不明の病に悩んだり、悪化したり、治りにくかったり、精神的に重いダメージを受けてしまったりと、様々な形で身体と心の変調をきたす場合もあります。そのような、検査では発見できない心の奥深い部分や潜在意識にその原因が隠れているかどうかを知り対処するには、「HADOカウンセリング」がお役にたてると思っています。